KUMANO

「信不信を選ばず、浄不浄を問わず」といわれた熊野は、神と仏を対立させませんでした。「和をもって尊(たっと)し」となす日本人の感性は、この辺に起源があるのかもしれません。この作品では、3拍子と5拍子を異なる価値観に見立て、同時に、あるいは交互に演奏することによって、多様性の共存をかたちにできないか、試行錯誤をしてみました。(編曲:加藤周作)

Kumano was said to be a place that does not judge or separate the believer from non-believer, nor pure from impure, thus not it is polarizing god and Buddha. The Japanese' sense of the importance of harmony may have stemmed from this notion. I attempted to express this co-existing diversity in our world by incorporating and alternating 3/4 and 5/4 time signatures to represent the different sense of values we have. (Arranged by Shusaku Kato)